2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽譜を見ながらピアノを演奏するって?

私は楽譜が読めません、というか読めるように努力をしていません。
がんばって暗記したらト音とヘ音の楽譜を声で「ド~レ~ミ~」と唱えることが出来ると思います。
でも、それは読めるだけです。
楽譜はすらすら読めても、それが演奏につながらなければ意味がありません。
YouTubeで小学生が楽譜を見ながら難しそうな曲を演奏しています。
一瞬のスキをついて楽譜のページをめくります。
ああいった技はどんな練習をすると身につくのでしょうか?
練習方法を教えて頂きたいです。
あと、45歳からでも間に合いますか?
スポンサーサイト

コメント

No title

今晩は。レフティってタイトルからギタリストの方かと思って来ましたがピアノでもそういう表現あるのですね。
自分も楽譜はまったく読めません・・・。あなたの努力が報われる事を祈っております。楽譜読めなければj完全耳コピか、運指暗記になっちゃいますしね。

読譜力についての私見です。

レフティさん(ごめんなさいshinerecordさんは打ちづらいので、以降、レフティさんと呼ばせてくださいね)、こんにちはー。

私は、ピアノを初心者で始めたときに、ト音記号の一段譜だけだったら読める、と言う程度で、へ音記号(でいいんですかね、日本語だと。Bass Clefのこと)は、モタモタで、二段譜を同時に読むなんて、私にはゼッタイムリって思っていました。2年半前のことです。

今の先生についてから、すすめられて、王立音楽院の音楽理論グレード5のテスト用の勉強をしました。と同時に、先生になかば強いられるかたちで、初見練習をするように言われて、初見で二段譜を読むための練習をしてきました。

自分の体験からだけ言いますが、大人から始めても、ちゃんと二段譜を読めるようになりますよ。ただ、時間がかかります。ものすごく根気のいる作業です。音楽理論がここで、実はとても役に立つので、もしもチャンスがあったら、勉強されるのはおすすめです。

いまは、グレード4の初見練習本を毎日やるようにしていますが、これもまた、しばらくやらないと、急にスキルが落ちるのがおもしろいくらいです(おもしろくないんですけども、実際は)。でも、いまはグレード4程度の初見練習本でしたら、頭のなかで音を鳴らすことができるようになりましたよ~。

ここで学んだことが、「『できない』と思ってやらなかったら、一生できないままだった」ということ。やってみる機会を作ってくれた先生には感謝しています。

レフティさんもやり続けていたら、いつかできるようになるはずですよ~。私もまだまだダメダメですが、精進しますー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinerecoed.blog134.fc2.com/tb.php/3-87ec9e2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

レフティおじさん

Author:レフティおじさん
1965年生 左利きのおじさん
2010/8/9 よりピアノの練習開始
職業はシステムエンジニア(Winsdows専門)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
Windows (11)
ピアノ (25)
スポーツ (0)
ブログ (3)
おじさんの演奏 (4)
F先生 (1)
仕事 (5)
楽譜 (3)
M先生 (0)
POPS (3)
piano1001 (13)
伊豆 (7)
脳梗塞 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。