2011-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23年ぶりに蘇ったブランデンブルク協奏曲

千葉県八千代市で暮らしています。
伊豆に越してきて8ヶ月、10月1日に、また引っ越してきてアッという間に1ヶ月が過ぎました。
会社の出向、転籍は何回か経験していますが、それはちゃんとビジョンを示されたものでしたが、今回はどうやら違います。
色々と...苦労と心配が沢山あります、
まあ、そんなことは皆様に関係ないことですので、この辺で止めときます。

本題です。
僕の一番好きなクラッシックの曲は大バッハの「ブランデンブルク協奏曲」なのですが、ずいぶんと長い間きいていませんでした。
大阪から伊豆に越すときに、この曲のレーザーディスク(LD)を見つけて「おぉ、なつかしい!」
ジャケットの裏面に、製作年度1988年、23年前、うひょー!
喜びいさんで、これまた十数年ぶりにLDプレイヤーを引っ張り出してきて、再生する....全く映る気配なし。
ということで、これまた久しぶりにYahooオークションにて中古のLDプレイヤーを1万2千円で落札しまた。
昨日、LDプレイヤーが到着して、早速再生して観てみたのですが、あぁ~ショッキング!
DVDが登場するまで最高画質のメディアとして君臨していたLDですが、ああ、なんともヒドイ画質です
流れる年月の速さとテクノロジーの進化の速さの両方を改めて認識した次第であります。

で、LDって何っという方へ。
こんなんがLDです、両面ですよ、映画なんか2枚組4面なんて当たり前。
ちっちゃい円盤はDVDです。




ブランデブルク協奏曲
ポリドール株式会社
オリジナル楽器のスペシャリスト達が織りなす画期的な演奏、時代を超えた美しさがここにあります。
アーノンクール指揮・ウィーン・コンツェルトゥス・ムジクス。
ハウマン/ナチュラルホルン、シェフトライン/バロックオーボエ、タヘッツィ/チエンバロ、インマー/ナチュラルトランペット、コアン/ヴィオラ・ダ・カンパ
アーノンクールの指揮オンリーは少なく、振り弾き?です。
ナチュラルホルンって、すげークールな演奏方法です。
ということで、このLDをDVDにダビングするのです、おお、これもテクノロジー。
「観てみた~い、聴いてみた~い」方は秘コメでメールアドレスいれてコメント下さい。


スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

レフティおじさん

Author:レフティおじさん
1965年生 左利きのおじさん
2010/8/9 よりピアノの練習開始
職業はシステムエンジニア(Winsdows専門)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
Windows (11)
ピアノ (25)
スポーツ (0)
ブログ (3)
おじさんの演奏 (4)
F先生 (1)
仕事 (5)
楽譜 (3)
M先生 (0)
POPS (3)
piano1001 (13)
伊豆 (7)
脳梗塞 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。