2010-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

45歳の大人がピアノ教室に思う事

私は大阪府堺市に住んでいます。
iタウンページで「ピアノ教室」を探すと通学圏内でおおよそ20位の教室が出てきます。
まあ、ヤマハの教室が結構かぶっていますが結構な数です。
学費の相場は月2回30分、¥2,000~2,500円です。
時給にすると¥4,000円/H。
さて、この学費に納得できるレッスンを受ける事が出来るでしょうか?
私は「NO」だと思います。
まずレッスンの時間が短すぎます。
30分はあっという間です。
でも大人は忙しいので速く上達を実感したい、だけど歳とともに演奏技術を取得する能力がどんどん落ちています。
そこでレッスンの成果が感じることが出来ないのではないかと思うのです。
大人は幼児や小学生と違いピアノ演奏の動機がハッキリしています。
そしてプライドがあります。
幼児や小学生なら幼児教育法がある程度完成されており生徒のセンスや性格に合わせるアレンジを加えて教えているのではないかと思います。
そして生徒も「習い事」として何の違和感も無く、その教育を受けているのだと思うのです。
でも大人の生徒はそう言う訳には参りません。
しっかりした動機があり、目標(いわゆる憧れの曲)もあり、プライドもあるので、教師は大人生徒の考え方にどうしても合わせてしまいます。
例えば目標曲がショパンのワルツ 作品18変ホ長調『華麗な大ワルツ』だったとしましょう。
生徒「先生、この曲10年で弾けるようになりますか?」、先生「がんばればきっと弾けるようになるよ」と答えるでしょう。
大人といっても30歳代以下なら弾けるようになる人もいるでしょう、才能がある人や凄くセンスのいい人なら、もしかしたら弾けるかも?でも実際は困難だと思います。
教師としては辞めてもらわれたら困るので、否定的な意見はめったに口にしません。
でも宗川先生によるとこの曲はツェルニー50番台を卒業してから弾く曲としています。
YouTubeで「ツェルニー50番」で検索して見て下さい。
楽譜を見ながらこの曲が弾けるイメージを持った人なら弾けるかもしれません。
でも私はイメージできませんでした。
何事もあきらめればそれで終わりですが、実際問題、無理なこと行おうとして、もがくのも辛いと思うのです。
ですので独学中心で、どうしても超えられない壁があったら、その壁を越えるための適切な練習方法を習いたい、すなわち月2回にこだわらずフレキシブルに教えてもらえる教室が良いと思うのです。

«  | ホーム |  »

プロフィール

レフティおじさん

Author:レフティおじさん
1965年生 左利きのおじさん
2010/8/9 よりピアノの練習開始
職業はシステムエンジニア(Winsdows専門)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
Windows (11)
ピアノ (25)
スポーツ (0)
ブログ (3)
おじさんの演奏 (4)
F先生 (1)
仕事 (5)
楽譜 (3)
M先生 (0)
POPS (3)
piano1001 (13)
伊豆 (7)
脳梗塞 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。